2006年01月28日

そしてDTM用自作PC完成!

組み立て過程についても写真付きとかで詳しく解説しようかと考えてましたが、予想以上に簡単に組み上がったので、そういうレポートは他サイトに任せます。数少ない苦労したポイントは下記の通りです。

■マザーボード ASUS A8Vの説明書が英語!

とは言っても中学生程度の英語能力と辞書が有れば特に苦労する事はありませんでした。A8V DeluxeやA8N SLIなどは国内代理店が違うようなので日本語説明書がついてるのかな?

A8N-SLI SE ASUS マザーボード A8N-SLI SE


■AMD Athlon64 3700+の付属ファンの取り付けが固い!

これにはビビりました。CPUの説明書も図解で詳しく書いてあるのですが、「固定レバー折れるかも?というくらい力入れて固定させろ」とは書いていないので、おそるおそるやりました。まぁ、実際問題これくらいしっかり固定しないと振動とかでファンがズレてもいけないですし。


■OWLTECH OWL-612SLT/430の段ボール箱が格好わるい!

余談的ですが。店からガラガラひいて持って帰る時にちょっと格好悪かったです。アラブっぽい字体で「SILENT」とかデカデカと書いてあります。写真とっとけば良かった。ケース自体は作りもしっかりしていて大満足です。今回のPC組み立ては、このケースに付属していた説明書を7割くらい参考にしました。それくらい細かく書かれています。

ということで、DTM用PC完成。


■参考になったサイト
Opteronマシン初組立て支援くん(VSTi PERFORMANCE 確認くん)
http://kokujin.web.infoseek.co.jp/op/kumitate.htm

Opteronマシンの組み立て過程が詳しく写真入りで書かれていて、組み立ての流れが参考になりました。

■参考になった書籍
目的別自作パソコンパーフェクトマニュアル(翔泳社)

目的別自作パソコンパーフェクトマニュアル 目的別自作パソコンパーフェクトマニュアル

こちらも初心者にわかりやすく写真入りで組み立てが説明されています。その後のBIOS設定やOSのインストール等も説明も詳しいです。
posted by nts at 15:04| Comment(1) | TrackBack(2) | DTM用PC自作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして☆
僕もNUENDO使ってて、今自作しようと思ってるんです!!
すごい参考になりました!

また情報収集にきます♪
Posted by MASATO at 2006年04月24日 03:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/12398898
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

BIOSとその周辺
Excerpt: BIOSの省電力設定をいじっていたら、パソコンが再起動を繰り返すようになってしまい、かなりあたふたしました。そもそも省電
Weblog: パソコン
Tracked: 2006-06-21 16:25

BIOSの設定
Excerpt: BIOSを内蔵しているものがあります。実際これらの内蔵BIOSを使わないのであれば、これらを確実に"Disabled"に設定しておいた方
Weblog: BIOSの設定
Tracked: 2006-08-03 14:47
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。